Exclusive Interview on Ticketmaster.com

Artist Synopsis
Ticketmaster.comにRobertのインタビューがあります。

[概要はこちら]
HOWLについて、前作との違いを訊かれて、まだ自分たちがどんなバンドであるかを見せている途中だと言い、 バンドを始めた頃からベッドルームで、スタジオでこういう曲をやってきたのだと。そして、それをいつレコードにするのかを考えていて、初期のレコードにはうまく収まらなかったので、いつかこういうレコードを作ろうと思っていたと。全部をこういう感じの曲にしたアルバムを作ろうと思っていたらしい。自分たちのイメージや求められているものに合わないのではないかという不安もなくはなかったようです。

HOWLで使った楽器について、トロンボーン、ピアノ、スライドギター、ハーモニカを使ったことはいいチャレンジであって、友人の助けもあったと言っています。楽器を新しく覚えるのも楽しかったようです。同じことばかり続けているのではダメになってしまうと言う感覚もあったようです。

HOWLというタイトルはギンズバーグの詩から?という質問には、ビート世代への感謝の気持ちを表したかったからだそうです。アルバムを作るために、自分自身をさらけ出さなくてはならなくて、そうするために多くの詩や小説を読んだそうです。ホルムズ、キャサディ、ソロモン、バロウズなどのビート世代の作品からインスパイアされ、影響を受けたようです。今日では、その頃あった気持ちが失われていると、言葉にもっと重みや意味があってよかったと。
元々,サンフランシスコはそういう土壌にあり,バンドはそこから出てきたのだよね,という質問には、地元っていいよねーと言ってます。みんなやさしいしって。(超訳)

他にはどこでやるのを楽しみにしているか訊かれ、NYがいいと言い、ボストンもいいねと。ボストンは小さい箱がたくさんあっていいと。シカゴの郊外もいいらしい。でも、大きな都市でない方が面白いって。「前に見たことある」的態度じゃなくってエモーショナルだからだって。

もともとDIYなバンドだけど、HOWLレコーディング中にレーベルとの契約がなかったのは、より自由な感じがしたのではないかという質問に対しては、レーベルとの契約はないわ、ドラマーはいないわだったし、今までも自分たちでやってきたものの、アルバムの方向性を指示する人がいなかったっていうのが一番大きかったらしい。バンドの暗い時代にあって誰もレコードを欲しがらないのではないか、という風に感じたりもしたけど、やりたいからやりたいようにやって、それが吉と出たのだって。(超訳)誰かのためにやったり誰かに言われてそうしたりするのはよくないと。この音楽が好きなんだという自己満足的なものであっても。

スピリチュアルなテーマが感じられることについては、人がそういうことにちょっと驚いているとソウルやゴスペル(オーティス・レディングやサム・クック)がほんとに好きだという邪心のないところから、そういう曲を書きたいと思っていて、内面から出てきたもので、そういうところまで到達したいと常に思っていたようです。自由や苦しみ、痛みを感じることという普遍的なテーマのほうがスピリチュアルであることや宗教なんかよりも必要なものだと思わないと。説教をしようと思ってるわけでもないし。(超訳)

(超訳)の直前のセンテンスは超訳です。すんません。特に最後のとこはロブさんの宗教観のようなことを言ってるのですが…すまん

ネタ元:redfoxx/ukforum

Hotel Cafe Ticket Reservation

BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB // HOTEL CAFE

12月15日にLAのHotel Cafeでおこなわれるスペシャルアコースティックライブ。通常は当日ヴェニューに行くしかないみたいですが、ファンには特別にチケットをとっておいてくれるらしいです(抽選で)
絶対当日LAに行けるという人しかエントリーしてはいけません。
当たったら、絶対行かねばなりません。
50人キャパのところで観られるってことはそうそうないので、西海岸在住の人とか、出張があるぞとか、お金があるぞっていう人はぜひエントリーしてみてください。そして、レポを!

Astoria Photo : Filmmagic

Item Listing

Apollo?
違いますって、Astoriaですって。
ヴェニュー名を間違ってますが、Astoriaの写真です。
お金を払わないと大きい写真は見れませんが。
Peteの写真が多いのは、フォトピットが開放されてたのが頭の方だけだったからかな。

ネタ元:RockShow

US Tour Announced

BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB

USツアーが発表されましたよっ
FEBRUARY
5 Gothic Theatre – Denver, CO
7 First Avenue – Minneapolis, MN
8 Metro – Chicago, IL
9 Bogarts – Cincinnati, OH
10 Newport – Columbus, OH
11 Slippery Rock University – Slippery Rock, PA
13 Odeon – Cleveland, OH
14 Phoenix – Toronto, ONT
15 Tulipe – Montreal, QUE
17 Avalon – Boston, MA
18 Webster Hall – New York City, NY
19 Theatre of Living Arts – Philadelphia, PA
20 9:30 Club – Washington, DC
22 Cats Cradle – Carrboro, NC
23 40 Watt – Athens, GA
24 Exit In – Nashville, TN
25 Mississippi Nights – St Louis, MO
27 Variety – Atlanta, GA
28 The Social – Tampa, FL

MARCH
1 The State – Orlando, FL
2 Culture Room – Fort Lauderdale, FL
5 Parish – New Orleans, LA
6 Meridian – Houston, TX
7 Parish – Austin, TX
8 Trees – Dallas, TX
10 Clubhouse – Phoenix, AZ
11 House Of Blues – San Diego, CA
13 Henry Fonda Theatre – Los Angeles, CA
15 The Fillmore – San Francisco, CA
16 Empire – Sacramento, CA
18 Wonder – Portland, OR
19 Showbox – Seattle, WA
20 Commadore, Vancouver, BC

Peter on RollingStone.com

RollingStone.comでPeter一人のアコースティックライブが観れまする。
しかし、ブロードバンド用のファイルしかないみたいで、見れない人がいるかもしれません。rmファイルを落とそうとしたんだけど、失敗したので、QuickTime/MPEG4で、キャプチャーしたファイルをいつものところに置いてあります。
43メガぐらいあるくせにモノラル音声ですが、よかったら持ってってくださいませ。
ええ、かなり素敵です。
限定バンドワイズor7日間でリンクは消えます。

こちらからどうぞ

情報元/UKForum

special acoustic show in LA

BRMC To Play 2 Special Acoustic Shows In LA

12月15日にアコースティックライブをやるみたいですねえ。
2showってことは、マチネーなのかしら。どこかのバンドの日本公演みたいだな。
Hotel Cafeのサイトはこちら未完成サイトみたいで、あんまり情報ないけど。
こっちをみると50人って書いてありますか?キャパ。そりゃ2回やっても足りないよね。
これが今年最後の仕事なのかしら。
ファンのためにスペシャルリザーブがあるようなことが書いてあるので、LAに行っちゃおうかなという人は、オフィシャルの動向に気をつけててくださいな。そして、いく人はぜひ、レポをお願いします。

Astoria webcast?

:: live Gigs Online ::
朗報朗報!
どうやら、ここでライブが観られそうですね。有料だけど。
4.50ポンドですね。約1000円か。環境の整ったPCで、ちゃんと観られればお得ですよ!

ネタ元:UKforum